スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山首相、名護市長選の結果受け米軍移設「ゼロベースで検討」(産経新聞)

 沖縄県名護市長選で米軍普天間飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)の移設に反対する新人の元市教育長、稲嶺進氏(64)の当選を受け、鳩山由紀夫首相は25日、選挙結果にかかわらずゼロベースから新たな移設先を検討し、5月末までに決着させる考えを強調した。政府・与党内では名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行計画は困難になったとの認識が広がっており、安全保障を自治体の有権者の判断に委ねたことに閣内から異論も出ている。

 首相は25日朝、「稲嶺氏と支持者にお祝いを申し上げたい。当然、選挙の結果は名護市民の一つの民意の表れだ」と当選を歓迎しつつも、「私どもは移設に関する検討委員会を作り、精力的に活動してもらっている。ゼロベースで、国が責任を持って5月末までに結論を出す。必ず、履行する」と述べた。首相公邸前で記者団に語った。

 政府・与党は沖縄基地問題検討委員会(委員長・平野博文官房長官)で現行計画に代わる移設先を協議している。首相は、日米合意に基づくシュワブ案も含めて検討したい考えだが、社民、国民新両党は選挙結果を受け、「辺野古は実現不可能な案として今後の検討から除外すべきだ」(福島瑞穂社民党党首)などと、同案を選択肢から外すよう要求。日米合意の履行は困難視されている。

 両党の主張に対し、北沢俊美防衛相は25日午前、「検討委は新しい案も含め現行案と一緒に検討する」と語り、市長選の結果にかかわらずシュワブ案も選択肢に含めるべきだと主張。普天間問題の結論先送りにより、移設の是非が市長選の争点となったことに関しては、「沖縄の皆さんに、政府が本来決めるべき選択を過重に任せる風潮は良くない」とクギを刺した。

【関連記事】
鳩山首相、名護市長選の結果「民意の表れ」「5月末までに結論、必ず履行」
名護市長選 首相は決着に政治生命を
普天間決着、再び先送りか 首相の責任論も
鳩山内閣、占星術的にはほぼ完璧らしいが…
普天間問題 「5月決着」あやふや 検討遅れ“連立の事情”

「経済的補償に重心を」=犯罪被害「あすの会」10周年-東京(時事通信)
<粘菌>ネットワーク構築の性質、物流経路の設計に応用可能(毎日新聞)
石川容疑者ら3人の勾留延長(産経新聞)
小沢幹事長「辞任すべきだ」70%…読売調査(読売新聞)
<政権公約を実現する会>「政治団体」として届け出の方針(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。