スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅副総理は外国人参政権に賛成 通常国会提出は明言せず(産経新聞)

 菅直人副総理・財務相は18日午前の記者会見で、政府・民主党が検討している永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案について、「地方については投票権を認めていいのではないかともともと思っている」と述べ、賛成する考えを示した。ただ、通常国会での法案提出については「内閣と民主党、連立政権の他党との相談の中で扱いは決めていくことになる」と語った。同法案には国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相が反対し、法案の通常国会提出には他の閣僚からも慎重な意見が相次いでいる。

【関連記事】
鳩山首相、小沢幹事長の続投「菅副総理と一致」
菅財務相 特会・独法見直しで予算組み替え12日から着手
菅副総理「JAL支援 政府内議論まとめる」  
菅副総理「日米関係が最重要」
菅副総理も陳謝 マニフェスト破りで「約束守れなかった」

八ッ場ダム予定地、湯かけ祭りに沸く…群馬(読売新聞)
花粉、例年並みか少なめ=日照不足や低温影響-環境省(時事通信)
参政権法案に閣僚から慎重論相次ぐ(産経新聞)
【中医協】「5分要件」廃止後、“お薬外来”を不算定に―安達委員が提案(医療介護CBニュース)
<平沼赳夫氏>蓮舫議員の仕分け批判「元々日本人じゃない」(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。