スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「こりゃ飲めない!」酷評から驚きの大豆飲料商品化(産経新聞)

 「これは飲み物じゃない。おいしくない!」-。

 作品の大豆飲料を口にした山梨大ワイン科学研究センターの柳田藤寿(ふじとし)教授(49)に酷評され、大豆加工食品メーカー「白州屋まめ吉」(山梨県北杜市白州町)の榑林(くればやし)剛社長(43)は発奮した。昨年7月、「やまなし食のマッチングフェア」の同社ブースでの出来事。同社はこれ以前の平成20年春から乳酸発酵させた大豆飲料の開発に着手していたが、「発酵時の臭味をどう抑えるかが商品化の最大の壁」(榑林社長)だった。試作品の味は「美味」にほど遠かった。

 酷評に「カチンときた」と振り返る榑林社長だが、翌月には食品科学、醸造学が専門の柳田教授の元を訪れ、協力を依頼する。

 別のメーカーとの研究で乳酸発酵の際にワイン酵母を加えると臭味を抑制できると突き止めていた柳田教授のアドバイスを受け、乳酸菌やワイン酵母を選定。山梨大ワイン科学研究センターと共同開発の形で商品化にこぎ着け、今月16日から販売を始めた。

 同センターは国立大で唯一、ワイン醸造を手掛けており、榑林社長は「柳田教授の指導のおかげで臭味を抑えられ、酷評した先生に相談したことが商品化に結びついた。不思議な縁を感じます」と喜んでいる。

 商品名は「大豆で作った飲むヨーグルト」で、使われているのは山梨大が開発したオリジナルの「山梨ワイン酵母(W-3)」。粉砕した地元産の大豆を南アルプス山系の仕込み水に溶かし、乳酸発酵の際にワイン酵母を加えて特有の大豆臭を抑えた。甘みがあって飲みやすくヘルシーなのが特徴だ。

 1本(150グラム)に大豆5グラム(約30粒分)が含まれ、大豆を煮て搾り、おから(繊維質)が除かれる一般的な豆乳と比べて「栄養価が高く、豆乳嫌いな人にもお薦めできる」と榑林社長。食品衛生法上は清涼飲料水となり、ワイン酵母を使ったものは珍しいという。

 商品化は地域活性に向け、北杜市と山梨大が3月に結んだ包括協定に基づく連携、開発の一環。飲料ボトルには「農学博士Dr.ヤナギダ」の文字と似顔絵が添えられた。

 オープン価格で月産3万本が目標。中央自動車道の談合坂、双葉サービスエリアやスーパーのアマノパークス山梨県内全店などで150円前後で販売している。同社ホームページから購入できるほか、首都圏などにも販路を拡大する方針。6月に新宿高島屋で開かれる大学フェアで売る計画もある。

【関連記事】
本家・具だくさん「中華系ラー油」が人気 横浜中華街
はじける大豆飲料 大塚製薬が夏投入
奈良の大仏にワイン奉納 仏ブルゴーニュの名門6家
ワイン代は「文房具代」 米共和党で経理スキャンダル
桑田真澄氏、次は米とワインづくり 「野球選手育てるには何が大切か学ぶ」
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

早く治って、ウミガメ悠ちゃん転地療養(読売新聞)
子ども手当、早くもほころび 実績優先、性急な立案(産経新聞)
<変死>茨城の路上で胸に刃物が刺さった女性 殺人で捜査(毎日新聞)
共同通信次長を逮捕=酔って駅員に傷害容疑-警視庁(時事通信)
東京都人口が1300万人突破、一極集中鮮明に(読売新聞)
スポンサーサイト

<口蹄疫>さらに6頭に感染の疑い 宮崎(毎日新聞)

 宮崎県都農町の肉用和牛繁殖農家で家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」に感染した疑いが強い母牛3頭が見つかった問題で農林水産省と宮崎県は21日、この農家から南に約3.4キロ離れた川南町の畜産農家の乳牛と和牛6頭も感染の疑いが強いと発表した。感染が疑われる県内の牛は9頭になった。

 酪農・肉用牛の複合農家で、乳牛37頭、黒毛和牛、交雑種各14頭の計65頭を飼育している。県によると20日朝、獣医師を通じて宮崎家畜保健衛生所に、都農町の事例と同じように6頭がよだれやかいようの症状を示していると通報があり、動物衛生研究所での検査の結果、感染の疑いを確認した。県は65頭すべてを殺処分し、消毒などの防疫措置を取り、移動・搬出制限区域も設定する予定。【石田宗久】

【関連ニュース】
<関連記事>口蹄疫:1週間さかのぼり調査へ 農水省
<関連記事>蹄疫:宮崎で牛3頭感染の疑い 牛・豚の移動自粛要請
<関連記事>わかる:宮崎・牛口蹄疫疑い 風評被害防止に懸命 産出額全国3位の畜産県
<関連記事>宮崎・口蹄疫疑い:半径10キロを移動制限 農水省と宮崎県 国産牛と豚の輸出停止も
<関連記事>ニュースな言葉:口蹄疫

火山噴火 政治、スポーツ、芸能活動にも影響(産経新聞)
龍谷大生が中2女子を買春、逮捕(産経新聞)
「最後の映像、使命感の結晶」=村本さん葬儀に500人-東京(時事通信)
井上氏、たちあがれ日本は「参院選に影響なし」(産経新聞)
高速料金「値上げ説明つかぬ」=小沢氏(時事通信)

<沼田市長選>現職の星野氏が無投票で3選 群馬(毎日新聞)

 沼田市長(群馬県)星野已喜雄氏(59)=無現=が無投票で3選。

損保代理店が2600万円詐取=架空の金融商品で-東京海上(時事通信)
「プロ根性あった」「別れたくない」=村本さんの通夜-東京(時事通信)
タケノコ 収穫ピーク 北九州の観光園(毎日新聞)
4%成長で所得5割増=「手当より仕事」明記-自民公約原案(時事通信)
里見女流2冠“制服卒業”初スーツで笑顔(スポーツ報知)

最高裁 岡部判事が就任会見 女性で4人目(毎日新聞)

 女性として4人目の最高裁判事となった元慶応大法科大学院教授の岡部喜代子氏(61)が12日、最高裁で就任会見に臨み、「裁判官と研究者の経歴を生かし、実務と理論の両面を同時にかなえる立場で裁判をしていきたい」と抱負を述べた。

 慶応大法学部を卒業後、司法試験に合格し、17年間裁判官を務めた。二つ目の任地となった札幌地裁では、整腸剤の薬害で歩行・視覚障害を患う難病「スモン」の患者が国などを訴えた訴訟で、道内の原告を訪ね歩いて和解をまとめた。

 家庭の事情で93年に退職して学者に転じ、民法の専門家として、東洋大、日本大、青山学院大などで教壇に立った。物腰は柔らかく見えるが、「授業は厳しかった」と自身の弁。親権をテーマとした論文で厳しく法の不備を指摘したこともある。

 趣味は版画制作。「女性だからどうと考えたことはない」と言うものの、「女性の最高裁判事がどんどん増えるよう、きちんとした仕事をしたい」と気を引き締めている。【伊藤一郎】

<ODA有識者会議>座長が役員の法人、外務省から事業受注(毎日新聞)
<トキ>ペア1組「抱卵」放棄か 新潟・佐渡(毎日新聞)
札幌で最大風速30m超の強風、6人けが(読売新聞)
銃声 連続発砲か 福岡県大牟田市の住宅2カ所で(毎日新聞)
殺人容疑で同居女再逮捕=トランクケース女性遺体-警視庁(時事通信)

「きのさき」「北近畿」新型車両のデザイン発表(読売新聞)

 JR西日本は、山陰線や福知山線で、京都、大阪と城崎温泉などを結ぶ特急「きのさき」「北近畿」などとして運行する新型車両のデザインを発表した。

 北陸線で人気のある特急「サンダーバード」を参考に、現在の「北近畿」でなじみのあるえんじ色の横線を窓の下に採用した。2011年春から走らせるという。

 現在の特急車両(183系)は製造から40年近くがたって老朽化してきたため、86両ある特急車両のうち、46両を新型車両(287系)に更新する。

 自由席や指定席がある普通車の車両では、前後の座席の間隔を現行より6センチ広げて97センチにし、座り心地を良くする。各車両には行き先などを表示する電光掲示板を設置し、窓も大型化する。車いす対応トイレや授乳などに利用できる多目的室も設け、より快適に乗車してもらえるようにする。

出勤途中、男性殴られ軽傷=面識なし、男が逃走-滋賀(時事通信)
高杉晋作記念館、遺品展示できず…ひ孫が断る(読売新聞)
外国人看護師候補者の受け入れ理由、「将来のテストケース」が8割超(医療介護CBニュース)
<雑記帳>笑いで街を活性化…落語家が街頭でPR 大阪(毎日新聞)
民家で男性刺される=逃走した男の身柄確保-島根県警(時事通信)

<訃報>松谷浩一さん76歳=元ユニチカ専務(毎日新聞)

 松谷浩一さん76歳(まつや・こういち=元ユニチカ専務)3日、肝臓がんのため死去。葬儀は6日午前11時、奈良市富雄北1の7の7の公益社富雄会館。喪主は妻幸子(さちこ)さん。

<受動喫煙防止条例>神奈川県で施行 民間施設でも喫煙規制(毎日新聞)
夫に火を付けられ入院中の妻、死亡 茨城・美浦(産経新聞)
小学教科書検定 算数、理科を文系教員にも優しく(産経新聞)
「御柱祭」が幕開け=6年に1度、諏訪大社-長野(時事通信)
<囲碁>ジュニア本因坊戦開幕(毎日新聞)

参院長野に2人目=県連頭越しで小沢氏決定-民主(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は30日午後、長野市で記者会見し、夏の参院選長野選挙区(改選数2)の2人目の候補として、県議の高島陽子氏(41)を擁立すると発表した。同党長野県連は、既に公認された現職の北沢俊美防衛相の当選を優先するため、改選2議席以上の選挙区に複数を擁立するとの小沢氏の方針には反対。しかし、同氏は県連の頭越しに2人目を決定した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

コウノトリ 卵がふ化 2羽が誕生 兵庫・豊岡(毎日新聞)
シエスパ爆発事故 大成社員ら2人を在宅起訴(産経新聞)
<クロマグロ>全遺伝情報を初めて解読 日本の研究機関など(毎日新聞)
<火災>神戸のホテル7階でぼや…宿泊客が避難(毎日新聞)
訃報 金嬉老さん81歳=寸又峡事件の元受刑者(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。