スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄の部隊を旅団化=南西諸島の防衛重視で陸自(時事通信)

 陸上自衛隊は26日、那覇市に本部を置く第1混成団を第15旅団に改編した。軍備力を増強する中国を念頭に置いた南西諸島の防衛力強化が狙い。定員を約300人増の約2100人とし、中核となる普通科連隊のほか、偵察隊、化学防護隊などを新編した。
 第1混成団の旅団化は、1995年策定の防衛計画の大綱に盛り込まれた陸自改革の一環。北海道などの4師団を旅団に縮小し、沖縄、香川両県の混成団を旅団化する計画で、今回の改編で全国5方面隊の部隊は9師団6旅団体制となる。 

<子ども手当法>成立 6月から支給(毎日新聞)
機密情報保全へ事務レベル協議=米の懸念に対応-外相会談(時事通信)
スーツ姿で空き巣200件 容疑の無職男を逮捕 警視庁(産経新聞)
環境保護や人道支援に貢献 「地球倫理推進賞」贈呈式(産経新聞)
野党が一斉攻勢、小林千代美氏の議員辞職求める(読売新聞)
スポンサーサイト

ロイター通信が普天間問題で産経世論調査を引用(産経新聞)

 【ワシントン=佐々木類】ロイター通信は24日、沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設問題に関し、産経新聞が23日付の紙面で伝えたFNN(フジニュースネットワーク)との合同世論調査の結果を引用して報じた。

 ロイター通信はこの中で、鳩山由紀夫首相が打ち出した「5月までの移設先合意」ができなかった場合、鳩山首相は退陣すべきと答えた人がほぼ半数に上ったと紹介。73%以上が移設問題をめぐる首相の対応を評価せず、85%近くが首相の指導力を評価しないと答えたと報じた。

【関連記事】
あるか政権浮揚策、カギ握る仕分け、普天間移設
いかに県外に出すか…混迷続く普天間移設 関係者は疑心暗鬼
「日本は日米合意を尊重するだろう」 普天間問題で米司令官
普天間問題 首相「県外あきらめていない」
首相の普天間有事使用発言「理解に苦しむ」 自民・石破氏

報酬百万円…中国「即日偽装婚」ツアーの手口(読売新聞)
高橋洋一の民主党ウォッチ お笑い民主の「天下り根絶」 自公政権より役人やりたい放題(J-CASTニュース)
「大阪都」20区で…橋下新党が構想案(読売新聞)
<冷却ジェルパッド>女性2人がアレルギー性接触皮膚炎に(毎日新聞)
沖縄の民間ドクターヘリに寄付金 群馬県の菓子メーカー(産経新聞)

石井浩郎氏初演説は聴衆8人 寒風の中街頭デビュー(スポーツ報知)

 今夏の参院選で秋田選挙区(改選数1)から自民党公認で出馬する元プロ野球選手の石井浩郎氏(45)=秋田県八郎潟町出身=が21日、吹雪の中で街頭演説デビューした。事前告知がほとんどなかったせいか、みぞれが降りしきる中で行った初っぱなの潟上市での演説は、聴衆わずか8人。元4番打者としては寂しいデビュー戦となったが、地域への企業誘致、スポーツ振興を、かじかむ手でマイクを握りしめて訴えかけた。

 球界で幾多の修羅場をくぐってきた石井氏にふさわしい、吹雪の街頭デビューになった。

 午前中に大曲で予定していた街頭演説は、悪天のため中止。デビュー戦となったのは故郷・八郎潟町に隣接する潟上市の大型スーパーマーケット前。吹雪の中で訴えかける男性が、地元出身の花形アスリートだったことに気付いた人はわずかだった。それでもかまわず訴えかけた。「元気のない秋田をどうにかしたいという一心で出馬を決めました。国の職責をしっかり果たした上で、皆さんの声をしっかり聞きながら秋田のために尽くします!」。ぶっつけ本番の初の演説は約2分と短かったが、滑舌はよかった。
夕方には40人 夕方はJR秋田駅前で2度目の演説。ボタン雪が頭上と肩に降り積もる中で、熱弁を振るった。スーツはシャーベット漬けのようにグショグショになったが、道行く人々約40人と握手を交わした。

 秋田新幹線「こまち」のダイヤも乱れたこの日を、元4番打者は「プロ野球のデビュー戦同様、一生忘れることはないでしょう」と振り返った。

 事前告知なしでの街頭デビュー戦は、主催の自民党青年局員、女性局員以外は秋田県連関係者のみ。秋田県連関係者は「元高校球児の小泉進次郎衆院議員が応援に来てくれれば盛り上がりも違ったと思うのですが…」と残念がった。“客寄せパンダ”を自認して全国行脚中の進次郎氏はこの日、地元横須賀で先約があり、秋田入りはできなかった。

 だが、石井氏には「これだけ寒い中でも足を止めて聞き、握手をしてくださる方がいた。野球時代は自分や球団のため、でしたが、これからはいかに国のため、人のためになれるかです」と援軍に頼らず、どぶ板選挙も辞さない構え。元スター選手のおごりは、みじんも感じさせなかった。

 【関連記事】
春の大雪、列島大荒れ…青森・八戸市で積雪61センチ
進次郎氏保育園視察「子供欲しくなった」
「私を論破してください」進次郎節さく裂
藤川優里市議、うますぎる演説!?大島幹事長も絶賛、“ゆり節”で絶叫
秋田選挙区 石井浩郎 八郎潟町 を調べる

神崎・元公明代表、任期中に辞職へ(読売新聞)
「人間関係わずらわしく」刑務所のガラス割る 容疑の受刑者を書類送検(産経新聞)
【民主党でどうなる?】改正貸金業法 6月までに実施 (産経新聞)
<神戸市>震災再開発事業で初の行政代執行(毎日新聞)
温暖化ガス25%減は可能=対策のたたき台公表-環境省(時事通信)

追加経済対策、鳩山首相に進言=亀井氏(時事通信)

 亀井静香金融・郵政改革担当相は17日午前、首相官邸で鳩山由紀夫首相と会談し、追加経済対策を講じるべきだとの考えを伝えた。2010年度予算案成立後の補正予算編成が念頭にあるとみられる。亀井氏は会談後、記者団に「わたしなりの意見を伝え、首相も認識は一緒だった。国民生活が数字以上に痛んでいるという強い思いを持っていた」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる

【遠い響・近い声】特別記者・千野境子 与那国島それからの異聞(産経新聞)
理学療法士4人の行政処分を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
早大生作家・朝井リョウさん『桐島、部活やめるってよ』(産経新聞)
<センバツ>開会式リハーサル 32校の選手ら、力強く行進(毎日新聞)
POLYSICS武道館ライブでカヨ卒業「イママデアリガトウ」

自民・与謝野氏らが新党結成ではなく党改革実現を目指すことを確認(産経新聞)

 自民党の与謝野馨元財務相が会長を務める「正しいことを考え実行する会」は17日昼、党本部で会合を開き、最大の目標は新党結成ではなく、執行部交代などの党改革の実現を求めていくことを確認した。その上で、党改革への考えを聞くため、谷垣禎一総裁に出席を要請することを決めた。これにより与謝野氏は、離党を表明した鳩山邦夫元総務相が目指す新党結成に直ちには加わらないことになった。

 会合で、与謝野氏は「新党を目指すということを言っているのではない。自民党の支持率が上がらない現実を、執行部が危機感を持って考えないといけない」と発言した。出席者からは鳩山氏の行動を批判する意見が出た。

【関連記事】
自民・石破氏「賛成も共感もしない」 鳩山邦夫氏の離党表明を酷評
「新党、先にやるからおかしくなる」 舛添氏、邦夫氏との連携に否定的
鳩山邦夫氏 新党は「いばらの道」
邦夫龍馬、離党から一夜で「新党」早くもいかんぜよ!
邦夫氏の突発的行動に周囲は困惑 執行部批判は収まらず
20年後、日本はありますか?

<火災>民家から出火 男性?1人死亡4人搬送 大阪・茨木(毎日新聞)
<地震>宮城、福島、山形県で震度4=午後9時46分ごろ(毎日新聞)
1人210万、団体29億=チッソが患者に支払い-水俣病未認定訴訟で和解案・熊本(時事通信)
不明男性、心肺停止で発見=蔵王の雪崩-山形(時事通信)
サリン事件風化させるな=地下鉄駅でテロ対策訓練-発生15年・東京消防庁など(時事通信)

(5)「トラックにはもじゃもじゃ髪の男が…」現場で目撃した犯人(産経新聞)

【法廷ライブ 秋葉原殺傷 第6回公判】(5)

 《休廷中の法廷に、加藤智大被告(27)が青白い顔で入廷してきた。遺族や被害者も座る傍聴席に向かって一礼すると、弁護側の席に静かに腰を下ろした。加藤被告や傍聴人から証人が見えないようにするための遮蔽(しゃへい)用の衝立は、取り外されている。公判が再開される》

 裁判長「それでは開廷します。引き続き、証人尋問を行いたいと思います。証人の方はいらしていますね、それでは入廷の準備を進めてください」

 《休廷前に証言した人物とは別の目撃者の証人尋問が行われるようだ。再び、遮蔽用の衝立が設置される。衝立の向こうで証人が入廷しているようだ》

 裁判長「証人、準備はよろしいですか」

 証人「はい」

 《証人の声は、女性のようだ》

 裁判長「それでは、検察官から質問をお願いします」

 検察官「はい、それでは始めます」

 証人「はい」

 検察官「証人、あなたは平成20年6月8日に秋葉原で起きた、無差別殺傷事件の被害者のDさんの婚約者の方ですね」

 証人「はい」

 《Dさんは、トラックで秋葉原の交差点に突っ込ん加藤被告に、背中をダガーナイフで刺されたとされる男性被害者。全治6カ月のけがを負ったが、一命を取り留めた》

 検察官「あなたはずっとDさんと暮らしており、事件の後もDさんと一緒に暮らしていますね」

 証人「はい」

 検察官「あなたに、Dさんが被害にあったときの状況をうかがいます」

 証人「はい」

 検察官「あなたは、事件前日の夜からDさんと一緒に秋葉原に遊びに来ていましたね」

 証人「はい」

 検察官「事件が起きたときは、秋葉原で何をしていたんですか」

 証人「はい、(事件のあった)中央通り沿いのインターネットカフェを出て、『とりあえずコンビニ(エンスストア)に行こうか』と言って、秋葉原駅前のコンビニに向かっていたところです」

 検察官「コンビニに行くまでの道筋を、教えて頂けますか」

 証人「はい、インターネットカフェを出て、駅に向かって歩きました。(事件現場近くの大型家電量販店)ソフマップのある交差点を左に曲がって、その先の交差点の横断歩道を渡りました」

 《この横断歩道は、加藤被告が突っ込んだとされる交差点にある横断歩道だ。証人とDさんは、この横断歩道を渡っているときに、事件に巻き込まれたようだ》

 検察官「それでは、分かりやすいように、歩いた道のりを地図に書き込んでいただけますか」

 証人「はい」

 《証人の手元の地図が、法廷内の大型モニターに映し出された。証人が、赤いペンで道のりを書き込んでいく》

 検察官「横断歩道を渡ったとき、どのようなことが起きましたか」

 証人「はい、横断歩道を渡りきったところで、ソフマップの方(証人から見て後方)から大きな音が聞こえてきました」

 検察官「どのような音が聞こえたのですか」

 証人「はい、『ドンッ』という大きな音が聞こえました。その後には、『キャーッ』という女性の長い悲鳴のような声が聞こえました」

 検察官「そこで、証人はどうしたのですか」

 証人「声のする後ろの方を振り返りました」

 検察官「何か見えましたか」

 証人「はい、トラックがすごい速さで走ってくるのが見えました」

 検察官「トラックを運転していた人の姿は見えましたか」

 証人「はい、男の人でした」

 検察官「その男の特徴を、覚えている範囲で教えてください」

 証人「はい、その男の人は髪の毛が整えられていない感じで、『もじゃもじゃっ』としていたのを覚えています。めがねをかけていて、クリーム色のジャケットを着ていました」

 検察官「そのトラックを見て、どう思いましたか」

 証人「大きな音の後に、すごいスピードで走っていたので、『事故を起こしたトラックかな』と思いました」

 検察官「そのトラックはどうしましたか」

 証人「私たち(の前)を通り過ぎたところで停車しました」

 《淡々と事件当時の様子を振り返る証人。加藤被告はうつむいたまま、じっと下を見つめている。証人の婚約者が加藤被告に襲われる凄惨な場面へと、証言は移っていく》

 =(6)に続く

【関連:秋葉原殺傷第6回公判ライブ】
(4)通行人を次々に襲った男は“狙い”を定めた…弁護人が詳細に質問
(3)「目が半開きで口が大きく開いていました」…事件の恐怖語った目撃者
(2)検察官が示した衣服の写真に「だいたい同じ」目撃者が証言 
(1)主任弁護人が遅刻 「すいません」と慌てて入廷
秋葉原無差別殺傷 きょう第6回公判
20年後、日本はありますか?

中国へ里帰り 和歌山のパンダ「幸浜」歓送会(産経新聞)
スギ花粉症の舌下減感作治療薬の開発準備を開始へ―鳥居薬品(医療介護CBニュース)
<サクラ並木>春の陽気…名古屋で満開(毎日新聞)
関空出国エリア 改修セレモニー(産経新聞)
<B型肝炎訴訟>原告団が和解勧告受け入れ確認

<裁判員裁判>「制度は違憲」覚せい剤密輸で控訴の被告主張(毎日新聞)

 覚せい剤を密輸したとして千葉地裁の裁判員裁判で実刑判決を受け控訴したフィリピン人女性被告の弁護側は15日、「裁判員裁判は憲法違反」と主張する控訴趣意書を東京高裁に提出した。裁判員裁判を違憲とする控訴は全国初とみられる。

 控訴したのは神奈川県座間市の無職、パークス・レメディオス・ピノ被告(44)。1審判決によると09年5月31日、スーツケースに隠した覚せい剤約2キロをマレーシアから成田空港に持ち込んだ。被告は1月12~18日に千葉地裁で開かれた裁判員裁判で無罪主張したが、判決は有罪認定し懲役9年、罰金400万円を言い渡した。

 弁護側は控訴趣意書で「下級裁判所の裁判官は最高裁の指名名簿により内閣が任命する」との憲法80条の規定を挙げ、国民から抽選で選ばれる裁判員が参加する裁判はこれに反し、憲法が定める「裁判所」にも該当しないと主張し、1審判決の破棄を求めている。

 被告の小清水義治弁護士は、毎日新聞の取材に「裁判員制度を認める条文は憲法上どこにも存在しない」と話している。

 裁判員裁判に対する違憲主張では、弁護側が公判前整理手続き前に、東京地裁(09年9月)や新潟地裁(1月)に裁判官のみの審理を求めたケースがある。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
裁判員裁判:「強い殺意」被告に懲役16年 横浜地裁
裁判員裁判:父殺害の男に懲役11年 東京地裁判決
自宅放火:心神喪失認めず有罪判決 東京地裁
青森強盗強姦:1審支持 2審も実刑判決 仙台高裁
スナック経営者刺殺:起訴内容を全面否認 初公判で被告

トランス社架空増資、鬼頭被告も逮捕(産経新聞)
機密費、鳩山政権も月6000万円 昨年11月以降分を公表(産経新聞)
JR総武線、千葉―成東で一時運転見合わせ(読売新聞)
<雑記帳>首相夫人の幸さんらコーラスでコンサート(毎日新聞)
東大合格者に異変 都立日比谷が倍増(J-CASTニュース)

1月の経常黒字、8998億円=6カ月連続プラス-財務省(時事通信)

 財務省が8日発表した1月の国際収支速報によると、海外とのモノやサービスの取引状況を示す経常収支は8998億円の黒字となった。黒字幅が前年水準を上回るのは6カ月連続。前年同月はリーマン・ショックの影響により大幅な貿易赤字で、13年ぶりの赤字(1327億円)となっていた。 

【関連ニュース】
1月貿易黒字、852億円=輸入が15カ月ぶりプラス
経常黒字、2年連続縮小=所得収支不振で18.9%減-09年
米、金融規制で協調呼び掛けへ=6日にG7開幕
対中輸出、初めて対米抜く=貿易黒字2年ぶりプラス-09年貿易統計
11月の経常黒字、77%増=貿易収支の好転が寄与

日本航空 再生へ決意 痛み受け止め「離陸」(毎日新聞)
景気動向を注視=平野官房長官(時事通信)
朝鮮学校の扱い「決めてない」=高校無償化-鳩山首相(時事通信)
「話聞かない」弟と殴るける…夫が死亡(読売新聞)
<アカデミー賞>助演女優賞に「プレシャス」のモニークさん(毎日新聞)

給与未払いの阿久根市元係長、強制執行申し立て(読売新聞)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)が懲戒免職にした元係長男性(45)を裁判所の決定を無視して復職させていない問題で、男性側は10日、未払いの給与、ボーナスを支払うよう命じた裁判所の判決に市が従わないとして、市に対する債権差し押さえ命令(強制執行)を鹿児島地裁川内支部に申し立てた。

 総務省は「自治体が強制執行を受けることになれば、極めて異例の事態」と話している。

 申立書では、男性側は昨年10月から今年2月までの未払い給与など222万2809円の支払いを求めている。差し押さえ債権としては市指定金融機関の貯金口座を挙げている。

 男性は昨年7月末、市庁舎内にあった人件費に関する張り紙をはがしたとして懲戒免職処分を受けたが、「処分は市長の裁量権の逸脱乱用」と主張。処分取り消しなどを求める訴訟を起こすとともに、行政事件訴訟法に基づき処分の効力停止を申し立てた。

 鹿児島地裁は昨年10月、効力停止を決定し、市側の即時抗告を受けた福岡高裁宮崎支部も地裁の決定を支持した。しかし、市は従わず、男性は給与などの支払いを求めて提訴。鹿児島地裁は今月3日の判決で、市に支払いを命じ、判決確定前に財産の差し押さえができる仮執行も認めた。

 男性側は、未払い給与などの支払いを求める通知書を市長に送付したが、期限の10日正午までに市が支払わなかったため、差し押さえの手続きに入った。

 市総務課は「差し押さえについての書面が届いていないため、コメントできない」と話している。

野菜大好き!「植物工場」にハマッた美人研究者(産経新聞)
パトカーが女子高生と接触 大阪・岸和田(産経新聞)
8日に基地問題検討委=政府・与党(時事通信)
<普天間移設>米大使「現行案がベスト」 平野長官らと会談(毎日新聞)
19億円脱税容疑で公認会計士を起訴 GWG脱税事件(産経新聞)

石巻3人殺傷 元交際相手の少年ら再逮捕(産経新聞)

 宮城県石巻市の民家で南部美沙さん(20)ら3人が殺傷され、妹の沙耶さん(18)が連れ去られた事件で、県警石巻署捜査本部は4日、殺人と殺人未遂などの疑いで、沙耶さんの元交際相手の少年(18)と無職少年(17)=いずれも監禁容疑などで逮捕=の2人を再逮捕した。捜査本部は、元交際相手の少年が交際を反対する美沙さんを狙った計画的犯行と判断、無職少年は事前に計画を知り、犯行に立ち会うなど共謀関係にあったとみて調べる。

 捜査本部によると、元交際相手の少年は3人を刃物で刺したことは認めているが、殺意は否認。無職少年は元交際相手の少年と一緒に行動していたことを認めた上で、「自分は刺していない」と供述しているという。

 逮捕容疑は、2月10日朝、南部さん宅の2階で、美沙さんと友人の大森実可子さん(18)、友人男性(20)の3人を刃物で刺し、美沙さんと大森さんを殺害、男性に重傷を負わせたとしている。

 2人は沙耶さんを連れ去り、知人宅で監禁した疑いで逮捕。逮捕時に血の付いた包丁が押収され、元交際相手の少年が犯行時に着ていたダウンジャケットにも血痕が付着していた。

【関連記事】
石巻3人殺傷 犯行時の上着押収 元交際相手「刃物で刺した」
惨劇への伏線幾度も…悔やみきれぬ関係者 石巻3人殺傷事件
石巻3人殺傷包丁に無職少年の指紋元交際相手が隠蔽か
知人宅たまり場に 発見時、沙耶さんグッタリ 石巻3人殺傷
石巻3人殺傷 元交際相手の少年、直前に包丁入手 計画的犯行か
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

バイリンガルの子 高い会話理解力 京大准教授ら発表(産経新聞)
夫への不満から虐待か=妻が供述、夫婦生活でストレス-奈良5歳児餓死(時事通信)
交通事故「症状固定後も保険金」損保提訴へ(読売新聞)
パラリンピック 難聴障害者が鈴木選手を現地撮影へ(毎日新聞)
捜査情報漏らし金品受領の疑い=奈良県警、警部補ら捜査-退職願提出、近く処分(時事通信)

「権力欲の強い兄とは区別して」鳩山邦夫元総務相(産経新聞)

 自民党の鳩山邦夫元総務相は2日夜、都内で開かれた同党額賀派のパーティーであいさつし、「権力欲の強い兄と、人柄で勝負している弟はきちんと区別をして判断してほしい」と述べ、鳩山由紀夫首相を当てこすった。

 また、「今の政権は、日本人が嫌って絶対に実現させなかった社会主義政権だ。一日も早く退場してもらわなければならない」と鳩山政権を批判した。

【関連記事】
小沢幹事長を無視? クロでも居残り議員が続々… 
鳩山邦夫氏と与謝野、園田両氏が会談 今後も定期会合
党首討論 やはり証人喚問が必要だ
自民党内に危機感 舛添氏が新勉強会発足 
「兄が無心とは聞いてない」 鳩山邦夫氏
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

官房長官と沖縄県知事が電話会談 「陸上案」検討を否定(産経新聞)
<新横浜プリンスホテル>消費期限ごまかし、ケーキを販売(毎日新聞)
<恐竜の起源>最も近い爬虫類化石、タンザニアの地層で発見(毎日新聞)
24歳看護師を逮捕=京大病院インスリン事件-京都府警(時事通信)
大津波・津波警報 岩手県・久慈港で90センチ観測(毎日新聞)

官房長官と米大使が普天間協議 首相、陸上案提示は否定(産経新聞)

 平野博文官房長官と北沢俊美防衛相が2日夜に都内でルース駐日米大使と会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について政府の検討状況を説明していたことが4日、分かった。鳩山由紀夫首相が4日朝、首相公邸前で記者団に明らかにした。

 首相によると、平野氏は政府・与党の沖縄基地問題検討委員会についてルース氏に説明し、会談の内容は首相に報告されているという。首相は、平野氏が米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市)陸上部への移設案を提示したとの一部報道については「日本政府として提案をしたというのは事実ではない。すべて誤報だ」と否定した。

【関連記事】
平野官房長官、沖縄基地問題検討委の打ち切りも
普天間移設 国民新、県内移設2案を決定
「もはや日本は極ではない」 鳩山内閣は日米同盟を守れるのか
社民、キャンプ・シュワブ陸上部隊の同時移設も提示へ 普天間移設で
普天間 国民新・下地氏「決着先延ばしなら議員辞職」
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<将棋>羽生名人への挑戦権争い 2日にA級順位戦最終局(毎日新聞)
屋久島の米軍機訓練、許容できぬ=岡田外相(時事通信)
<インスリン事件>24歳看護師逮捕 京大病院の担当者(毎日新聞)
チリ地震、邦人32人の無事確認=岡田外相(時事通信)
<新横浜プリンスホテル>消費期限ごまかし、ケーキを販売(毎日新聞)

今年を「うるう年」と誤認識…PS3障害(読売新聞)

 ソニー・コンピュータエンタテイメントは2日、同社のゲーム機「プレイステーション3」(PS3)の新型を除く機種で発生していた時計機能の障害が解消されたと発表した。

 同社の発表によると、時計機能が、2010年をうるう年と認識していたのが原因という。

<チリ大地震>義援金送金 ゆうちょ銀が無料サービス開始(毎日新聞)
強毒の混合ウイルス作製=鳥のH5N1と季節性インフル-東大医科研など(時事通信)
<北斗市長選>前副市長の高谷寿峰氏が初当選(毎日新聞)
国民新党、新たな旗印に「本格保守」(産経新聞)
大津波警報 第2~3波で1m急上昇 大船渡市(産経新聞)

NCの借入金債務、独法化後に3割を承継(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は2月26日、今年4月から独立行政法人に移行する「国立高度専門医療センター」(NC)6施設の借入金債務約1732億円のうち、約3割に当たる総額約524億円をNCが独法化後に承継することを明らかにした。

 この日に開かれた独立行政法人評価委員会の高度専門医療研究部会で報告した。

 厚労省によると、「国立高度専門医療センター」の独法化に伴い、予算や会計制度などにも変更が生じる。具体的には、各センターの借入金債務のうち、▽研究所など本来は一般会計で整備すべき資産に係る債務▽医療機器など償却済み資産に係る債務▽鑑定評価後の資産価値を上回る負債に係る債務-の約1208億円については、「一般会計承継債務」として国が引き継ぎ、残りの約524億円をセンター側が引き継ぐ。
 6施設の承継債務の内訳は、国立がん研究センターが171億円、国立循環器病研究センターが22億円、国立精神・神経医療研究センターが34億円、国立国際医療研究センターが186億円、国立成育医療研究センターが102億円、国立長寿医療研究センターが9億円。


【関連記事】
ナショナルセンター独法化で中期目標などを議論
「国立高度専門医療センター」が独法化へ
高度専門医療、「儲かる医療だけではない」
国立高度専門医療センター改革案を提示―独立行政法人ガバナンス検討チーム
成育医療センターの総合周産期センター指定も

チリ大地震 太平洋一帯50以上の国・地域が影響(産経新聞)
無償化から朝鮮学校除外、国連委が「懸念」(読売新聞)
<愛知2児遺体>死後2日以内に冷凍?…別々に生まれた男女(毎日新聞)
海沿い列車の運転取りやめ=大津波警報などの発表で-JR各社(時事通信)
「改めて責任感じる」=長崎知事当選の中村氏、一夜明け(時事通信)

「逮捕は不当な組織弾圧」北教組がコメント(読売新聞)

 民主党の小林千代美衆院議員(41)陣営に、政治資金1600万円を違法に提供していたとして北海道教職員組合(北教組)の幹部らが1日、札幌地検に政治資金規正法違反容疑で逮捕された事件で、北教組は同日午後10時過ぎ、「逮捕容疑にあるような政治資金規正法に違反する事実は一切ない。今回の逮捕は不当な組織弾圧と言わざるを得ない。嫌疑を晴らすべく組織一丸となってたたかっていく」とするコメントを出した。

UR業務見直しで検討会=23日に初会合-国交省(時事通信)
天皇陛下 内井昭蔵回顧展を鑑賞 世田谷美術館(毎日新聞)
【集う】東恵美子・青年座葬(2日、東京・渋谷の青年座劇場)(産経新聞)
雑記帳 雪合戦の国際大会、壮瞥町で開幕…北海道(毎日新聞)
平成22年2月22日、南海電鉄が記念入場券(読売新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。